若々しい見た目をゲットするために【顔のたるみを解消しよう】

医者

美しい肌を取り戻すために

水着の人

様々な手術がある

年齢を重ねるとともに肌のはりが徐々になくなっていき、顔のたるみが原因で実際の年齢よりも老けて見られることもあります。その場合美容整形外科へ行き、リフトアップ手術を受けたらどうなるのか気になる方もいるかもしれません。顔のリフトアップの対象となるのは、メインとして頬・こめかみ・額になります。メスを使用する手術の他にも、専用の糸や針を用いて顔のたるみを引っ張ったり、熱エネルギー・超音波を当てることで肌の内側に影響を与えるという施術のやり方があります。切る手術ですが、たるみのあるポイントの皮膚をカットしてから縫うことにより、物理的に引っ張り上げる手術になります。その良い点には何があるかというと、一回手術を受ければしばらくの間効果が続いてくれるということです。フェイスリフトですと、頬のリフトアップ手術を意味するのが普通で、耳の前方から耳の後ろにかけて皮膚をカットして頬を引っ張り上げます。その手術のやり方によって、かかる時間には違いが出てきます。そして糸で引っ張り上げる手術に関しては、半年から一年程度で溶ける糸を使用し、顔のたるみを引っ張り上げます。その際、皮膚はカットしてもわずか2センチほどでカットしないケースもあり、傷跡が残る心配はありません。しかし、リフトアップの効果は若干弱く、顔のたるみが完全に止まるわけではないので意識しておきましょう。糸が溶けた跡も皮膚は引っ張り上げられていて、2年から3年くらいで初めの状態に戻ります。また、糸を使用して引っ張り上げる手術は、何度も繰り返してできることが良い部分でもあります。それから、糸を入れて針を出していく手術ですが、皮膚に細めの糸を何十本も埋め込んでいくリードファインリフトとも言われるやり方で、肌のはりを生み出すことが可能です。引っ張り上げるのとは異なりますが、はりがあることにより以前の若い肌を取り戻した感覚を覚えることができます。糸に棘のあるものは、少なからずリフトアップ効果を期待することも可能です。手術を受けた後の腫れからの嫌な時間を過ごすこともほぼなく、気楽にできることからも満足される方はたくさんいます。